2012年11月30日

手書きの味わい

 新潟県内の読者から毎日寄せられる俳句や短歌、川柳の投稿はがきと、短編小説や詩の封書に目を通し、選者に発送して原稿をチェックする仕事をしている。身内では読者文芸デスクと呼ばれている。

 先輩デスクによると、ひと頃より投稿数は減ったようだが、それでも毎週800〜900通の投稿作が届く。投稿者の割合は60歳以上が約8割といったところ。

 投稿のはがきや封書のほとんどは手書きで、筆跡は万年筆であったり、鉛筆であったり、毎回、筆で認めてくる常連さんもいる。一通一通の手紙に人となりがにじみ出ていて、手に取りながら読者と対話しているようで、単調な仕分け作業も退屈にはならない。子どもの頃、切手収集に熱中した時期があるせいか、貼られている切手と消印を眺めるのもささやかな楽しみになっている。

 他紙(誌)と比較研究するために文芸欄をめくると、最近はメールでの投稿を受け付ける新聞社や文芸誌が増えてきた。デジカメで撮った画像と俳句・川柳を組み合わせた投稿作を募集している新聞社もある。

 ある時、選者の方々と同席した会合で、メールでの作品募集が話題に上がった。ネット社会のご時世だから、肯定的なご意見が出るのかと思いきや、手書きを支持する意見が根強かった。

 投稿者側が「手書きだから推敲を重ね、気持ちを込めて句を書くことができる」と言えば、選者側は「筆跡から作者の顔が思い浮かぶ。健康状態をうかがい知ることもある」と発言。「丁寧に書かれた句や歌に触れると正座して選考に当たることさえある」との声もあがった。文芸愛好者は高年齢層が多いという事情もあるが、日ごろ、言葉と言葉をキャッチボールしている者同士の実感のこもったやりとりは、実に説得力があった。

 新聞社が読者とつながるツールは多岐にわたる。どのツールもおろそかにはできないが、新たなツールにばかり目を奪われていては、長年の読者を置き去りしてしまうことになりかねない。

 今週も原稿用紙を糸で止めてくるご年配者や、ごはん粒を潰しノリ代わりにして原稿をとじているお年寄りから封書が届いた。ちょっとしたシミにも読者の生活の一端が見て取れたりもする。手書きの投稿作には、パソコンで送られてくるメールとは違った、何とも言えない温もりが同封≠ウれている。いつまでも大切にしたい読者とつながるツールである。

(大日方)


posted by MOT at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

産政研委員の地域性・多様性

東京であった11月17、18日の二日間の例会、実り多かったです。
さて、産政研の人間模様?で、面白いなあと感じたやりとりを紹介させていただきます。

18日午前で会議が終わり、帰り際に、東北から来ている研究員が一言、

「あ〜、雪が降った地元に帰りたくないなあ〜」

この研究員の地元では、出張中に初雪が降ったそうです。

北信越から来ている研究員が、

「私も先週、スタッドレスタイヤに変えましたよ」

九州の私は、

「うちは雪が降らないので、心配しなくていいのがありがたいですねえ」

と、お見舞いとも、自慢とも、分からないコメント。

そこで、北信越の研究員が
「九州じゃ、スタッドレスタイヤの宣伝もないでしょう。うちでは10月ぐらいから宣伝がはじまって、それを見るとしみじみとなりますよ」と教えてくれました。

そこで、改めて、私たち産政研メンバーは同じ新聞業に勤めて、共通する部分もありながら、全然、違うんだなあ、と実感しました。

こういった多様性が、産政研の例会が楽しい理由なのかなあ、と思った次第です。

(惑)

−−−
※例会の様子は、以下のサイト・ページでご覧いただけます。(MOT)

●Twitterのまとめ
http://togetter.com/li/408966

●Facebook・産政研ページ
https://www.facebook.com/pages/%E6%96%B0%E8%81%9E%E5%8A%B4%E9%80%A3%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/264395367013451

posted by MOT at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

ひろいよみ(11月1日〜15日)

▼JAA調査 新聞広告アンケートで広告費「増えた」27.8%(新聞通信 11月8日付) 
 日本アドバタイザーズ協会(JAA)がこのほどまとめた「新聞広告に関するアンケート」調査結果によると、新聞広告費が「増えた」が27.8%、「減った」が30.0%だった。増加した理由は「社会的信頼度が高い」、減少した理由は「広告費全体を減らしている」。このほか広告主からは「効果指標が明確化されると検討しやすい」「今までにない新しいスペースや企画の提案がほしい」といった要望があった。調査はJAA会員社269社を対象に、5〜6月に実施し、90社から回答があった。

▼読売KODOMO新聞 ABC初回公査22万部超える(東京情報 11月12日付) 
 昨年3月3日に創刊された読売KODOMO新聞(月ぎめ500円)は、初のABC新聞公査レポートで22万2209部(7〜9月平均)と発表された。また、同紙が創刊されたことによって、先行する朝日小学生新聞、毎日小学生新聞も部数を伸ばすなど、子ども向け新聞市場拡大の相乗効果も生んだ。

▼「産経オンライン英会話」合弁会社設立しオープン(ジャーナリスト新聞 11月12日付) 
 産経デジタルは10月30日、「産経ヒューマンラーニング」を設立し、「産経オンライン英会話」をプレオープンした。同サービスでは1レッスン(25分)129円から教材費無料のマンツーマン英会話を毎日都合のいい時間に受講できる。将来的には、多言語にも対応する予定。

▼「Book Live!」独自の専用端末発表 三省堂、朝日、福井も参加(新聞情報 11月14日付) 
 電子書籍ストアを運営する「Book Live!」は「「Book Live Reader Lideo(リディオ)」(8480円)を12月10日三省堂書店などで発売すると発表。9万5千冊の電子書籍を購入できるほか、「朝日新聞デジタルfor booklovers」(月額380円)や「福井新聞SIESTA(シエスタ)」(月額400円)も利用できる。
posted by ai at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

【11月17日実況告知】新聞は生き残れるか−海外の事例に学ぶ

皆さま、寒くなって参りました。
解散でうそ寒さが増すのか、熱い時間が訪れるのか、しばらく目が離せません。

さて、11月17日(土曜日)午後1時から、労連本部で産業政策研究会の例会を開催します。

研究員同士のディスカッションおよび、明石蛸三郎さん(http://blog.livedoor.jp/takosaburou/)の海外メディアに関する講演を、Twitterのハッシュタグ

「#sanseiken1117」

で実況します。

日本を上回る深刻な苦境にあえぐ欧米の新聞社。そこから何を学び、どんな策を講じればよいのか。
とても重いテーマですが、ぜひ、ご覧下さい。

なお、午後1時から午後3時半までは、事務的な内容も含む研究員のディスカッションの時間帯となります。tweetは散発的になるかもしれません。明石さんの講演は、午後3時半すぎからですので、ご了承ください。

(MOT)


posted by MOT at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

「市民メディア全国交流集会に参加して」

 10月27 、28日の両日、新潟県上越市で開かれた第10回市民メディア全国交流集会に初めて参加した。参加者の多くは、市町村域または広域行政圏を主なエリアとする地域紙やケーブルテレビ、コミュニティFM局の関係者と大学教授らの研究者。2日間で13の分科会が開かれて活発な議論が交わされていた。

 開会式を兼ねて開かれたシンポジウムでは「東日本大震災で地域メディアは何を伝えたか」がテーマとして取り上げられた。福島や宮城の地域紙、ケーブルテレビ、コミュニティFMの関係者とともにパネリストを務めた福島県いわき市の空撮士・酒井英治さんの発言が印象深かった。

 酒井さんは震災前からモーターパラグライダーで、いわきの街並みや海岸線を撮影してきた。震災後は変わり果てた故郷の姿を空から撮り続けている。震災の爪痕を克明に記録し復興への支援の輪を広げたいと、各地のシンポや講演に積極的に足を運ぶ一方、空撮した動画をネットで配信している。

 シンポの終盤、酒井さんは「自身や仲間が捉えた映像や身近な情報を広く伝えたいと新聞社やテレビ局に持ち込もうと思っても敷居が高くなかなか持ち込めない」と市民の側の心情を吐露した上で、メディアに携わる関係者に「お願いがあります」と訴えた。各地域で“情報交差点”となっているキーマンの存在に触れてから、「メディアの人たちは普段から、地域のキーマンとコミュニケーションをとっていてほしい」と呼び掛けた。酒井さんは「メディア関係者と付き合いがない市民でも、地域のキーマンになら情報を提供しやすく、市民目線の情報がメディアに届くことにつながる」とも話し、「地域のメディアが市民の情報を取り上げることが全国へ情報が拡散するきっかけになる」と強調した。

 地方紙に身を置いているだけに、ふだんから読者との対話や読者目線の紙面づくりを怠っていないか。支社局時代の地域の人たちとの付き合いを疎かにしていないか。結果として、新聞記者と、そして新聞そのものを読者にとって近寄りがたい存在にしてしまっていないか。酒井さんの訴えに身が引き締まる思いがした。
(大日方)

posted by MOT at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

ひろいよみ(10月16日〜31日)

▼11年度新聞事業収支構成比率 収支比率は98.2%(新聞之新聞 10月22日付) 
 「新聞事業の収支構成比率調査」によると、総収入・総費用ともに減少傾向だが、収支比率は98.2%と2年連続で改善した。総収入の97.6%を占める売上高は1.5%減と6年連続の減収となったが、前年度より減率は1.3ポイント縮小。業績が好転した社は56社中33社で前年度より2社減り、悪化した社は23社で3社増えた。

▼朝日大阪「ソーシャルメディアと新聞」発行(新聞研究往来 10月22日付) 
 朝日新聞大阪本社は、ソーシャルメディアの利用実態などの調査結果をまとめた媒体資料「ソーシャルメディアと新聞」を発行した。調査は今年2月から3月にかけて、フェイスブックやツイッター、ブログといったソーシャルメディアの利用者を対象に利用実態を調査し、5000件の回答を分析。ソーシャルメディアユーザーの新聞世帯購読率は73.4%で、ふだん新聞を読んでいるのは75.8%だった。

▼神戸新聞NEXT 11月1日スタート(新聞情報 10月27日付) 
 神戸新聞社は11月1日、電子新聞「神戸新聞NEXT」を発刊する。主なサービスは有料記事閲覧に加え、兵庫県内の全地域版と朝刊最終版が過去1か月分読める「紙面ビューワー」や過去1年間の紙面記事のデータベース、メールニュースなど。料金は、現読者は購読料プラス157円、単独利用者は3675円。

posted by ai at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする