2012年11月22日

産政研委員の地域性・多様性

東京であった11月17、18日の二日間の例会、実り多かったです。
さて、産政研の人間模様?で、面白いなあと感じたやりとりを紹介させていただきます。

18日午前で会議が終わり、帰り際に、東北から来ている研究員が一言、

「あ〜、雪が降った地元に帰りたくないなあ〜」

この研究員の地元では、出張中に初雪が降ったそうです。

北信越から来ている研究員が、

「私も先週、スタッドレスタイヤに変えましたよ」

九州の私は、

「うちは雪が降らないので、心配しなくていいのがありがたいですねえ」

と、お見舞いとも、自慢とも、分からないコメント。

そこで、北信越の研究員が
「九州じゃ、スタッドレスタイヤの宣伝もないでしょう。うちでは10月ぐらいから宣伝がはじまって、それを見るとしみじみとなりますよ」と教えてくれました。

そこで、改めて、私たち産政研メンバーは同じ新聞業に勤めて、共通する部分もありながら、全然、違うんだなあ、と実感しました。

こういった多様性が、産政研の例会が楽しい理由なのかなあ、と思った次第です。

(惑)

−−−
※例会の様子は、以下のサイト・ページでご覧いただけます。(MOT)

●Twitterのまとめ
http://togetter.com/li/408966

●Facebook・産政研ページ
https://www.facebook.com/pages/%E6%96%B0%E8%81%9E%E5%8A%B4%E9%80%A3%E7%94%A3%E6%A5%AD%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/264395367013451

posted by MOT at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする