2013年03月05日

2月後半のひろいよみ(2月16日〜28日)

▼新聞販売所従業員総数 16年連続前年割れ(文化通信 2月18日付) 
 新聞協会販売委員会の「全国新聞販売所従業員総数調査」(2012年10月現在)によれば、従業員の総数は前年より9686人(2.6%)減の36万7809人で、16年連続の減少となった。新聞販売所の数も前年より469店(2.5%)減り、1万8367店となった。
※ピーク時は1996年の48万3286人。

▼文科省 2012年度「学校図書館の現状に関する調査」(文化通信 2月18日付) 
 文部科学省は5日、2012年度「学校図書館の現状に関する調査」結果を公表(2012年5月1日現在)。前回10年度調査に比べて、小学校で7.6ポイント増となるなど、図書館に新聞を配備している公立学校の割合は増加した。1校当たりの紙数は、小学校1.3紙、中学校1.8紙、高校2.8紙。

▼西日本 久留米でクーポン誌 リクルートと共同発行(ジャーナリスト新聞 2月25日付) 
 西日本新聞社は20日、リクルートホールディングスと提携し、4月26日からクーポン誌「西日本新聞×HOT PEPPER(ホット・ペッパー)久留米」を創刊すると発表。同誌は、毎月末発行でオールカラーのタブロイド紙。久留米市中心部の6万世帯に配布し、駅など主要施設にもスタンド置きする。リクルートグループが新聞社と共同で媒体を発行するのは初めて。

▼電通 日本の広告費2012 新聞広告は前年比104.2%(東京情報 2月25日付) 
 電通が21日に発表した「2012年日本の広告費」によれば、2012年の日本の総広告費は5兆8913億円、前年比103.2%となった。東日本大震災の反動増で5年ぶりに前年実績を上回った。新聞広告費は6242億円、前年比104.2%。折込広告費は5165億円、前年比102.1%だった。
posted by ai at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする