2013年03月21日

3月前半のひろいよみ(3月1日〜15日)

▼ベルリン国立図書館が毎日の記事DBを導入(新聞情報 3月2日付) 
 ドイツのベルリン国立図書館が、3月から毎日新聞の記事データベース「毎索」を導入。欧州では初の契約となる。「毎索」は図書館、教育機関向けに2011年4月からサービスを開始。4月にはアジアで初となる台湾・開南大学での導入が決定しているほか、米・ハーバード大、コロンビア大など6大学と契約手続きを進めている。

▼ザ・デイリー・ヨミウリが題号変更 「ザ・ジャパン・ニューズ」に(東京情報 3月4日付) 
 読売新聞社は4月1日から、日刊英字紙「ザ・デイリー・ヨミウリ」の題号を「ザ・ジャパン・ニューズ」に変更し、紙面を全面的にリニューアルする。対外的な情報発信を強化する狙い。ウェブサイトも一新し、紙面との連動性を高めていく。「ザ・デイリー・ヨミウリ」の部数は2万6千部(ABC1月)。

▼ADK調査 新聞広告の5つの“チカラ”を再発見(ジャーナリスト新聞 3月4日付) 
 ADKは「消費者にとっての新聞・新聞広告の価値についての調査」結果を発表。新聞広告においては男性より女性の方が、注目・参考にする度合いが高く、能動的に接触していることが分かった。さらに調査結果から「新聞広告の5つの“チカラ”再発見」と題し、新聞広告の活用ポイント(@読者の購買力、A“ニュース化”力、B“繰り返し”力、C女性への影響力、D広告のコミュニケーション力)をまとめた。

▼「The Huffington Post」日本版 5月7日、アジア初進出(文化通信 3月11日付)
 ハフィントン・ポスト・メディアグループと朝日新聞社は、「The Huffington Post」日本版を5月7日オープン予定と発表。初代編集長には、グリー出身の松浦茂樹氏が就任することを公表した。松浦氏はライブドアでブログメディア「BLOGOS」創設に参画したのち、コンデナストで「WIRED」日本版を立ち上げたほか、グリーではゲーム以外の領域での利用者拡大に貢献した。
posted by ai at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする