2008年07月31日

このような活動を目指しています!

日本新聞労働組合連合(略称:新聞労連)は、新聞産業が抱えるさまざまな問題について産業的視野で研究活動に取り組む常設機関「産業政策研究会」を2007年4月25日に発足させました。

新聞産業を学問的に研究する研究者がほとんどいなくなっている現状に鑑み、@産業研究を深め、その成果を新聞労連の産業政策にフィードバックするA労働組合の中に新聞産業研究に取り組む人材を育成することを目的に活動をしています。

この研究会は新聞労連に加入する労組員で構成しますが、若手の研究者にもコミットしてもらい、学問的に新聞産業研究を志す研究者を支援し交流していく場としても活用していきたいと考えています。

新興する多メディア化によって新聞社がこれまで続けてきたビジネスモデルの変化が求められています。販売、広告など多岐にわたる産業政策の確立は急務であり、新聞協会等への政策提言にも取り組むほか、将来的に新聞産業政策の常設のシンクタンクとして展望してまいります。
産業政策研究会募集チラシ
posted by こせき at 18:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 産業政策研究会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103942359
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

SANSEIKEN web スタート
Excerpt: 私も所属している新聞労連産業政策研究会のホームページ「SANSEIKEN web」がスタートしました。 スタートしたてでコンテンツが少ないですが、新聞関連Newsや活動報告やブックレビュー、メン..
Weblog: 猫手企画@新聞屋
Tracked: 2008-08-15 15:23