2008年08月22日

新聞の時代錯誤

日経新聞の黒い霧の著者、大塚将司氏の著作。
前著が日経新聞社とTCWに絡む一連の事件について調査結果を著述したものだったが、今作は日本経済新聞社と朝日新聞社の不祥事とそれの対応から始まり、日本の新聞社が戦争直後の旧体制を守っているという点に頁数を割いている。

両社の不祥事とその対応、再販制度について、そして日刊新聞法について詳細な分析と批判が込められており、勉強になった。

この研究会でも昨年法律チームとして会社法、再販などについて研究報告を行ったが、この本一冊に及ばない報告にとどまり、反省している。

自分も昨年になってから学んだが、新聞社がどのような法律に守られているか、そして、その法律が無くなったらどうなるのか。
経営の手段として新聞社の上場はありえるのか、再販制度の撤廃とはどのようなことにつながるのか。知らなければシュミレーションできないことも数多く、新聞社と法律という視点からよく研究されており、もっと早くに読んでおきたかった一冊だった。

なお、各新聞社のサイトでは消えているが、SLAPP WATCHによると
この本について日経新聞社は大塚氏を名誉毀損で提訴したようだ。

株券譲渡の裁判もそうだが、日本の新聞社にとって、日経新聞社はいろいろとウォッチしがいのある裁判が多い気がする。




amazonもいいですが、古本なら1500円以上で送料無料のこちらもお勧め。
e-bookoff
ブックオフオンライン
ラベル: 資料 レビュー
posted by なべ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック