2008年09月02日

福田首相辞任って・・・

福田首相が辞任。

やれやれです。
そんなに総理の責任ってゆうのは軽いのかね。

国民の政治離れが加速するのはもちろんで、
政治への関心が薄れるのはメディアの関心と直結しているからなぁ。

そして、国力の低下が本当に心配。こんなことでは
自民党だけじゃなく、政治全体に期待できないから、
結局愛国心(悪い意味じゃなくて)とか、どんどん減る。

毎年のように総理が変わるのは、毎年転職を繰り返す新人と変わらない。
仕事や職場に慣れる期間に一年はかかるから、結局活躍できない。
世界的に失笑を買っているだろう。

nikkeiによると
−−−引用ここから−−−−
欧州メディアは、英フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)が「景気刺激をめざした総合経済対策を発表したわずか数日後に衝撃的な形で離任する」と速報した。英BBC(電子版)は「福田首相は在任12カ月たらずで辞任を表明」と報道、「後任の首相の下では、日本は昔風の政治に戻るのではないか」との専門家の見方を紹介した。独フランクフルター・アルゲマイネ紙(電子版)は「福田首相は就任以来、野党との対立が続いていた」と解説した。ロイター通信は衆参のねじれ国会などの問題を挙げたうえで「政治の膠着(こうちゃく)状態を打開するため」に首相が辞任を決めたと報じた。
−−−ここまで−−−−
ということだけど、二大政党が対立しているのをねじれと呼ぶのなら、
結局一党独裁しか認めない政治となってしまう。

本当、どれだけ未熟なんだ、この国の政治は。

ちなみに、マーケットの評価は
−−−nikkeinet引用ここから−−−
円、「首相辞任表明」で売り 108円台前半に

 【ロンドン=吉田ありさ】1日のロンドン外国為替市場で円は主要通貨に対して上昇し、対ドルでは一時1ドル=107円62銭と8月1日以来、1カ月ぶりの高値を付けた。ただ、福田康夫首相の辞任表明を受けて円を売る動きが強まり、その後は108円台前半に戻している。

 アジア株や欧州株の下落を受けて投機筋が高リスク取引に慎重になり、朝方は低金利の円を売って高金利通貨を買う利ザヤ狙いの取引(キャリー・トレード)を手じまう動きが先行した。午後に入って首相の辞任表明が伝わると「日本の政局が不安定になる」との見方から円売り圧力が強まった。
−−−ここまで−−−

マーケットは正直だ。
ラベル:政治 首相 辞任
posted by なべ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック