2008年09月21日

宮崎の皆さんお世話になりました

先日19日に宮崎日日新聞労働組合の定期大会にお招きいただき、産業政策研究会の報告を小1時間ほどさせていただきました。皆さん私の参加者への無茶な振りにも快く応じていただき、大変暖かく聴いていただきました。どうもありがとうございました。

広告の分野を中心にお話をさせていただいたわけですが、本当に営業現場は待ったなしの泥沼に足を突っ込んでいます。外から聞こえてくる不況宣伝に惑わされることなく、提案力の向上、地域への密着度の深化、そして信頼のメディアというブランドを維持していくことが求められます。それを他部署のこととせず、全社一丸となって支えていってほしいと思います。今回の講演がほんの少しでもその一助になれば幸いです。

また、夜の部の論議が白熱し結局6次会までお付き合いいただき、気がつけばホテルに帰ったのは朝の4時でした。本当に宮崎の皆さん、台風一過の空同様熱く清々しい方ばかりでした。また機会がありましたらエンドレスで議論+αお付き合いいただければと思います。
ラベル:宮崎 講演
posted by 猫手企画 at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック