2008年10月13日

新聞と天下り

前回のSAPIOに、

[SPECIAL REPORT]こっそりこんなに儲けてる あなたの知らない他人の「役得」と「副収入」

として、各業界の「おいしい」ウラ話が載っていた。
そこにはもちろん、新聞記者も。
・[新聞記者]高級ワイン接待に政府系機関再就職…経済記者が辞められない理由/山内登
としてレポートされていた。

私自身は記者職ではないので接待などについてコメントできないが、
まあ、新聞社の人間がコスト意識希薄なのは知っている。
最近は風向きが変わってきているけど。

さて、気になるのは後半。
「天下り」の実例として、
・元朝日新聞経済部記者が政府系金融機関理事に
・同じく元朝日新聞経済部記者が財界人の著作アドバイザーに
などが上げられている。

うーん。
正直「天下り」というのは線引きが難しいなぁ、とは思うのだが。

「個人の能力、人脈を活かして」
の再就職は悪くないのでは。長年新聞記者をやっていた人脈・筆力などを活かし、広報のアドバイスをしたり、アポとったりするのは、決して簡単な職ではないと思う。

一方で、
「慣例」や「役得」みたいな形での再就職は、やはりダメだろう。
特に都合の悪い記事を止めるとか、圧力かけるとかあった場合、双方の信頼が揺らぐ事態になるだろうし。

新聞も一企業だから、読者が認めるなら良いとも言えるが。
新聞の命綱は信頼にあることだけは忘れないで欲しい。
ラベル:新聞 資料
posted by なべ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック