2008年10月13日

「Journalism」衝撃の価格

朝日新聞のメディア研究誌「AIR21」が全面刷新され、
「Journalism」としてデビュー。

内容はAIR21とあまり変わらず、主にジャーナリズムを柱として、
新聞業界のレポートを掲載している。

衝撃なのは、その価格。
通常購読だと月700円なのだが、
こちらfujisan.jpによると、電子版は
年間購読で1200円。
単純に月100円の計算である。

これにはびっくり。しかも初月お試しできるので、とりあえず読んでみた。
内容はジャーナリズム論中心だが、
特集で組まれている「個人情報保護法とジャーナリズム」は新聞社としてメディアスクラムを考える上で避けれないテーマだし、
買収・対立で大きく揺れているフランスの新聞業界など、
気になっている内容もまとまっていて助かる。

これで100円なら正直「安い」という感想。

だがそれよりも、
これまで一般にはほとんど知られていなかった「AIR21」という業界紙を、
格安とはいえ一般に販売できるルートを確立したのには、素直に評価したい。
タグ:新聞 資料
posted by なべ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108018394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック