2008年12月17日

ひろいよみ(12月1日〜15日)

▼新聞の信頼性が重要 新聞協会広告委(新聞之新聞 12月1日付)
 日本新聞協会広告員会主催の第47回全国新聞社広告責任者会議が11月13、14日に全国62社の新聞広告関係者161人が参加し神戸市で開かれた。
 「新聞広告の力-多メディア時代での評価・役割とは」をテーマに行ったパネルディスカッションで、多メディア時代を生き抜く新聞広告の浅酌をめぐって討議し、広告主を獲得するには新聞の信頼性を生かすことが重要だとの意見が相次ぎ、新聞の持つ強みを再確認した。

▼「朝日中間決算 連結103億円の赤字」「共同 2149万円余の赤字」「産経中間決算 営業経常利益段階えは赤字」(文化通信 12月1日付)
 11月末に朝日、産経、共同の08年度上半期決算が発表された。多くの新聞社は株式上場していないため決算内容は非公開だが、テレ朝やフジテレビなど上場しているテレビ局と連結決算を行っている新聞社の決算内容は公開される。朝日は「通年で150億円の減収」との見通しを秋山社長が11月28日に開かれた「懇親の夕べ」(朝日新聞社広告局主催)で明らかにした。広告収入の落ち込みが大きな影響を与えている。

▼南日本 夕刊休刊を社告(新聞之新聞 12月3日付)
 南日本新聞は1日付朝刊で、来年2月28日付けをもって夕刊を休刊すると社告した。業務の見直しや合理化、人件費、経費の削減などできる限りの経営努力をしてきたが、収支の改善には程遠く、休刊の決断に至った。
 休刊後はウェブ速報体制を強化するとともに、「ゴワス」などの人気面は朝刊に移し、週末は娯楽性の高い紙面を作って、地域に密着したさらに読み応えのある新しい朝刊を提供する、としている。同紙補の発行部数は朝刊37万6千部に対し、夕刊は2万3千部という。

▼朝日 初のマルチユース取材 紙面連動の動画ニュース配信(新聞之新聞 12月8日付)
 朝日新聞は、夕刊紙面で掲載した「ネットはいま 第一部さがす」に連動したビデオ特集「ニューススペシャル」の配信をアサヒコムで11月28日から開始した。長期にわたる連載取材で記事、写真、動画、音声を紙面とネットの両方で展開し、マルチユースする取材手法は同社初の試み。動画は前後編の2本で計18分。動画報道を新聞社が取り入れることで報道力を強化するとしている。

▼「南日本新聞 新社長に逆瀬川氏」「秋田魁新報 新社長に小笠原氏」(文化通信 12月8日付)
 厳しい時代を迎えている新聞業界だが、経営刷新ともとれる社長の交代が目に付く。特に南日本や秋田魁は夕刊を休刊するなど先陣を切って合理化に乗り出したところ。略歴を見るとメディア開発局長や経営デジタル戦略担当などを歴任された方々とのこと。

▼朝日新聞とテレビ朝日 KDDIと提携 テレ朝はリクルートとも(日本経済新聞 12月11日付)
 朝日新聞とテレビ朝日はKDDI(au)と月内にも業務提携する。auの携帯電話を対象にニュースなどのコンテンツ提供を増やす。朝日新聞グループは情報通信やネットと連携し、新聞・放送両媒体でのコンテンツ活用を急いでいる。10日にはテレビ朝日とリクルートの資本・業務提携も発表した。

▼購読理由…「景品」は12% 「紙面の良さ」がトップ(新聞通信 12月11日付)
 インターワイヤード社が今年9月17日から10月2日の日程で実施した新聞購読に関するアンケート調査(サンプル数1万231人)の結果が発表され、新聞購読を決める理由のトップ3は「紙面の良さ=36.3%」「価格=16.9%」「広告・折込チラシの多さ=14.8%」だった。逆に新聞を読まない理由では「テレビやネットでニュースを得るから」を理由に挙げた人が7割だったという。

▼毎日が産経の九州地区分を受託印刷(新聞情報 12月13日付)
 九州地区で発行する産経新聞(3300部)を来年10月から毎日新聞社の北九州工場と鳥栖工場に委託し、現地印刷をすることが11日に発表された。現在、産経新聞の輸送体制は大阪から空輸され、西日本新聞(販売店)が委託を受けて配達している。今後も産経、毎日、西日本の三社間で協議を進めるという。災害時相互支援にも合意した。

▼需要激減で古紙価格が暴落「用紙代再値上げは回避か」(新聞通信 12月15日付)
 今年4月、10月と用紙メーカーからの値上げ要請を受けた新聞社は多い。しかし、7月以降原油価格は大幅に値下がり、10月後半には中国向けの輸出激減で古紙価格が急落している。回収される新聞古紙の用途は新聞用紙が約60%、印刷・情報用紙が約35%、残りが段ボール・紙器用板紙などに使われている。これまで国内の製紙メーカーは輸出価格に応じ古紙回収問屋から古紙を購入してきたが、輸出の急落でさらに購入価格が引き下がるため「値下げ」に転じる可能性も出てきたという。
posted by こせき at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック