2009年07月09日

NHKBS1で「新聞が消えた日〜ジャーナリズム未来への問いかけ」が放送

 7月11日(土)23時10分から、NHK/BS1で放送される『BS世界のドキュメンタリー』の特集は、「新聞が消えた日〜ジャーナリズム 未来への問いかけ〜」。
 米国で廃刊になったロッキー・マウンテン・ニュースを追った内容です。
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/090711.html

アメリカで起きている「新聞の危機」。2009年2月、コロラド州・デンバーの名門地元紙・ロッキー・マウンテン・ニュースが創刊150年を目前にして、廃刊になった。ピューリッツァー賞を何度も受賞するなど、その報道内容が高く評価されてきた新聞だった。
インターネットの普及と読者離れ、経営を支えてきた広告が集まらなくなる現実、経済危機、ライバル紙との不毛な競争、新聞の将来を見切った親会社の姿勢・・・。様々な要因から存続を許されなくなる新聞の現実が、ロッキー・マウンテン・ニュースの廃刊から見えてくる。その結果、失ったものは何なのか、そしてジャーナリズムの未来はどうなるのかー。
ロッキーの元新聞記者、ローラ・フランクルの目を通して、ジャーナリズム先進国アメリカで起きている問題を見つめる。
posted by こせき at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123123683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック