2012年06月17日

ひろいよみ(6月1〜15日)

▽毎日、上毛、福島民報、下野 緊急時の相互援助で合意(6月4日付 東京情報)
 毎日新聞社、上毛新聞社、福島民報社、下野新聞社の4社は5月29日、災害などの
緊急事態が発生した場合に新聞発行を相互に援助しあうことで基本的に合意。引き続き
、基本合意書の早期締結を目指す。連絡・設備・紙面データの提供、新聞の印刷代行、
輸送手段など具体的内容は後に、別途協議のうえで決める。

▽IICP 情報行動の変化に関する調査「専門的テーマで新聞は役立ち度高い」(6
月4日付 文化通信)
 総務省情報通信政策研究所(IICP)は5月29日、東日本大震災を契機とした情
報行動の変化に関する調査結果を公表した。災害情報の主な情報源は依然としてテレビ
だが、専門的テーマでは新聞が比較的幅広い年代でよく利用されており、役立ち度も高
かった。ソーシャルメディアについては、既存メディアを十分補完するほどの利用とは
いえないが、「大学・研究機関や研究者のツイッター」が、役立ち度や信頼度ではやや
高いことを「注目に値する」と分析。調査対象は13〜69歳までの男女2256人で
、郵送調査(性年代、地域ブロックで比例割り付け)。有効回答数1625人、調査期
間は12年2月下旬〜3月上旬。

▽毎日とスポニチのTAP―i 6日間でダウンロード5万件を突破(6月7日付 新
聞通信)
 毎日新聞とスポーツニツポンが5月25日に創刊した、新デジタルニュース媒体「T
AP―i(タップ・アイ)」の専用アプリのダウンロード数が創刊6日目で5万件突破
。毎日新聞によると、ダウンロード時の評価や同社に寄せられる声の7割程度が肯定的
で、特に写真の鮮明さ、動画ニュースに注目が集まっているという。

▽朝日「天声人語ノート」100万冊突破 学校での採用も広がる(6月13日付 新
聞情報)
 朝日新聞社は12日、2011年4月に発売した「天声人語書き写しノート」(税込
み210円)が売り上げ100万冊を達成したと発表。朝刊1面コラム「天声人語」を
A4ノートに毎日スクラップし、その下にある603文字の原稿用紙に書き写す。1冊
で1カ月分をカバー。全国の朝日新聞販売所(ASA)のほか全国の書店・文具店でも
販売。同社が把握しているだけで、小中高を中心に全国百数十校が採用。

▽「中日新聞プラス」開始(6月14日付 新聞通信)
 中日新聞社は12日、中日新聞と日刊県民福井の定期購読者とその家族を対象にしたイ
ンターネットサービス「中日新聞プラス」(略称・中日プラス)を開始。紙の新聞に“
プラス”してスマートフォン、携帯電話、パソコンで、ニュースや地域のイベント、チ
ケット購入情報を提供。家族でより中日新聞に親しんでもらうことが目的。新聞の接触
層を若者や女性に拡大する狙いも。無料の一般会員と有料プレミアム会員の2種類で、
有料会員は月額315円(税込)。


posted by 猫手企画 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック