2012年08月20日

ひろいよみ(8月1日〜15日)

▼朝日、米調査報道NPOと提携(文化通信、8月6日付) 
 朝日新聞社は、米非営利調査報道機関「センター・フォー・パブリック・インテグリティー」の国際調査報道ジャーナリスト連合と提携。同紙7月19日付紙面に提供記事を掲載した。国内の新聞社と海外の調査報道NPOの提携は初めて。

▼新聞システムが効率化ソフト開発(新聞情報、8月11日付) 
 新聞システムは、市販のGPSレコーダを使い、配達や集金、営業などの順路情報を地図上の軌跡としてデータ化するソフトを開発。同システムは読者管理システムとリンクすることで、配達順路だけでなく無購読者などターゲットを絞った営業順路もデータ化できる。

▼ビデオリサーチ 「タブレット専用」調査アプリ開発(新聞展望 8月17日付)
 ビデオリサーチは、生活者のメディア接触と商品関与を関連付けて把握できるデータ取得を目的として、タブレット端末専用の調査アプリを開発。7月末から事業化に向けて実証実験を行っている。

posted by ai at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287528033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック