2012年09月19日

ひろいよみ(9月1日〜15日)

▼電子チラシ急拡大 凸版印刷のシュフー、スマホ利用が後押し(9月3日付、新聞通信) 
 スマートフォンユーザーの急速な拡大に伴い、凸版印刷の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」の利用者が増加。月間利用者は400万人を超え、参加するスーパーなどは約7万8000店舗に及ぶ(12年6月時点)。利用者の58.7%が新聞非購読者で、中心は20〜40代の女性。

▼J-MONITOR調査 五輪期間中の新聞、27%が普段よりじっくり読む(9月5日付、新聞之新聞) 
 朝日、産経、日経、毎日、読売、中日、神戸の7社は、ロンドン五輪中の新聞の接し方などについて、「J-MONITOR」での調査結果を発表。調査は、8月初旬に首都圏、近畿圏、中京圏と福岡県の4エリアの15〜69歳の男女4894人を対象に実施し、3473人から回答を得た。調査結果では、五輪中の新聞の読み方は、朝刊では「普段よりじっくり読む」が27.1%、スポーツ面では59.4%に上った。また、「他のメディアなどで競技の結果を知っていても新聞を読む」は75.6%となった。五輪関連広告に対しては「注目している」「やや注目している」の割合が合わせて約6割となった。

▼北海道新聞社、ジュニア野球情報誌「熱球ナイン」創刊へ(9月10日付、文化通信) 北海道新聞社は9月3日、ジュニア野球情報誌の「熱球ナイン」(タブロイド判16ページ、全面カラー)創刊準備号を発行。発行部数は5000部で、一部単価は400円。道新販売店のみで販売。道新ブランド定着が狙いで、来年4月から定期刊行する予定。

▼朝日・名古屋本社管内「asahi+C」創刊、土曜夕刊を休刊(9月12日付 新聞之新聞) 
 朝日新聞名古屋本社は10日、別刷り新媒体「asahi+C」(朝日プラス・シー)の創刊を発表。創刊日は10月14日の予定で、名古屋本社管内で毎月第二・第四日曜日朝刊に折り込む。発行部数は朝刊同様約41万部。ブランケット判8ページカラー。これに伴い、同本社管内では、13日付から土曜夕刊を休刊する。
posted by ai at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック