2012年11月15日

【11月17日実況告知】新聞は生き残れるか−海外の事例に学ぶ

皆さま、寒くなって参りました。
解散でうそ寒さが増すのか、熱い時間が訪れるのか、しばらく目が離せません。

さて、11月17日(土曜日)午後1時から、労連本部で産業政策研究会の例会を開催します。

研究員同士のディスカッションおよび、明石蛸三郎さん(http://blog.livedoor.jp/takosaburou/)の海外メディアに関する講演を、Twitterのハッシュタグ

「#sanseiken1117」

で実況します。

日本を上回る深刻な苦境にあえぐ欧米の新聞社。そこから何を学び、どんな策を講じればよいのか。
とても重いテーマですが、ぜひ、ご覧下さい。

なお、午後1時から午後3時半までは、事務的な内容も含む研究員のディスカッションの時間帯となります。tweetは散発的になるかもしれません。明石さんの講演は、午後3時半すぎからですので、ご了承ください。

(MOT)


posted by MOT at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック