2012年12月14日

未来からの視点

 東日本大震災の発生から1年9カ月がすぎました。2012年が暮れようとする中、衆院選が大詰めを迎えています。

 これほど多くの争点が立ち上がり、これほどの政党が生まれ、政策を主張しているにもかかわらず、「明日」への突破口が見えてこない。不安と焦燥が、有権者はもちろん、各政党や候補者にも色濃く漂っているように見えます。

 原子力政策の行方。TPP交渉への対応。そして改憲…。一つの政策で政党を選択すると、意図せぬところで、支持し得ない、許してはならない選択がセットになってしまう。そんな入り組んだ構図が浮かび上がっています。大きな声では語られませんが、「中央と地方」「一握りの勝ち組と置き去りにされる人々」という要素も背景に横たわっています。無数の対立軸が日本に生まれてしまい、国民の大半が納得して受け入れられる政治の方向性が、とても見えづらくなっていると感じます。

 「歴史の変曲点」「日本の終末の序曲」といった指摘もあります。

 私は今、データベース部に在籍しています。過去の新聞紙面に目を通す機会もあります。例えば、太平洋戦争中の新聞紙面をご覧になったことがあるでしょうか? 紙と言論統制の結果、末期には新聞の題字まで複数が並ぶような、とても窮屈な紙面です。しかし、内容を見ると、戦況の報道や銃後の備えなどに交じって、いわばどうということのない、市井のものごとが報じられています。最近では、東日本大震災発生直後の新聞を見ても、被災地の惨状を伝える紙面を何ページかめくれば、そこには一見、「震災以前」と変わらない「日常」のニュースが姿を見せています。

 日本の近未来について、楽観できる材料はほとんどありません。もちろん、新聞も同様です。皆が不安に苛まれています。でも、不安を前向きの危機感に変え、そして、少しでも環境を改善していく営みがなければ、さまざまな事態はさらに悪化していくでしょう。

 時折、「10年後、20年後の視点」を思い浮かべます。こんな言葉が浮かんできます。

 「あの後、あんな大変なことになっちゃったのに、なぜ、みんな、手をこまねいていたのだろう、こんなに無責任で呑気な議論をしていたのだろう?」

 −そう言われないように、常に「最善」を考え続けたいと思います。

(MOT)

posted by MOT at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | メンバー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック