2012年02月12日

「ニュースに騙されるな」

 我が社を含め、多くの新聞社がネットに対抗意識のようなものを持っていると感じていますが、この風潮に、「ネット業界は、新聞社があこがれるような世界ではない」と警鐘を鳴らす先輩がいます。

 理由は、ネット業界は過当競争で、そこで働く人々の多くは、年収が新聞社員の半分か、それ以下で、サービス残業や休日出勤当たり前という過酷な環境で働いているからです。

 そういう世界で、高コスト体質の新聞社が利益を上げるのは並大抵のことではなく、必然的にネット担当者の労働環境は、他のネット企業に引きずられるように悪化する心配があるとし、「ネットで儲けようと思うのはやめた方がいい」と指摘します。

 このような話を聞いてから、新聞各社は、ネット事業を検討する上で、ネット業界がどのような世界なのか、少し知っておいた方がいいのではないか、と思うようになりました。

 そこで、椎名健次郎氏の「ニュースに騙されるな」(宝島社新書)を紹介します。椎名氏は、フェイスブックで十年ぶりに“再会”した私の大学時代の旧友なのですが、東京の民放で政治記者やディレクターをした後、ネット企業に転職し、ニュース部門を担当。そして今は三つ目の企業で働いています。

 この本を紹介するのは、「驚くほど売れていない」と嘆く著者に同情した面もありますが、テレビとネットの両方でニュース現場を担当した彼の視点は、ニュースに対するネットとマスコミの姿勢の違いを知る上で、参考になると感じたからです。そのほか、前半部分では、記者クラブや政治家の裏話なども紹介しています。

 一部要約して引用すると…。

 「テレビ局では社員を管理しない。人事は基本的に年功序列。40歳が近づくころには差がつくが、年収が一割違う程度で、低くても一千二百万円という世界なので実感としてはないに等しい。一方、ネット企業は、部下が何をしているか、進捗状況はどうなのか、上司は厳しく管理する。数値目標は極めて厳格で、年率数十%の成長は当たり前だ。昇進昇格では年齢は一切、関係なし。20代の上司が40代の部下を持つことや、同じ年齢でも年収が2倍以上違うのは、珍しくない」

 「テレビ局は一応、ニュースなどの番組をつくるのに適した仕組みになっている。上司の顔色や数値目標ばかり気にしていたら、取材などできない。逆に、ネット企業は、利益を多く生み出すために最適な仕組みになっている。業務内容と数値目標を厳密に管理する。より多くの売上に貢献した社員に権限を集中させる。ネット企業は利益最重視であるがゆえに、ニュースをつくりだす意思がないのはもちろんだが、そもそも組織に土壌すらないのだ」

 「ネット企業の給与体系は、下に薄く、上に手厚い」「途中入社でも中間管理職まではすぐに到達できるが、その上は、古参幹部が天井のように張り付いている」「多くのネット企業では退職金もない」「平均勤続年数は、かなり短い。2010年の有価証券報告書によると、ヤフー4年5カ月、楽天と、ディー・エヌ・エーは2年11カ月、グリー1年1カ月、となっている」「なぜ在職年数が短いのか。ひとつは報酬だ。長く勤めることの利点が、一般的な企業に比べてほとんどない」「同業他社に移っても待遇はほとんど変わらない」「私が勤めていた会社は、退職が有給休暇と同じように簡単に社内システムで申請できるようになっていた」

 …などなど、ネット企業の厳しい内情が示されています。

 このようなネットの世界に、マスコミ社員は耐えられないのではないかと考えてしまいます。

 私たちは、何をもって、報道に集中できるこの恵まれた環境を享受しているのか、しっかりと理解した上で、ネットとどう付き合うのか慎重に判断した方がいいのではないか、と考えています。(惑)



posted by MOT at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

「限界集落の真実」(山下祐介著)

少し手前味噌の話題になりますが、本を1冊、紹介させていただきます。

○筑摩書房「限界集落の真実 ─過疎の村は消えるか?」
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480066480/
”消滅しそうな集落などいったいどこにあるのか?−「限界集落はどこも消滅寸前」は嘘である。危機を煽り立てるだけの報道や、カネによる解決に終始する政府の過疎対策の誤りを正し、真の地域再生とは何かを考える。”

☆筆者のブログ−「『限界集落の真実 村は消えるか?』(ちくま新書)刊行します」
http://yamasso.blog63.fc2.com/blog-entry-77.html

この本は、ある新聞社の年間企画連載「ここに生きる」(2008−09年に掲載)を、一つの核として生まれました。そして、私はこの連載の取材・執筆に携わりました。

企画そのものが、地方紙ではあまり例のない「共同作業(コラボレーション)」でした。大学研究者と地方紙記者が手を携えたら、何ができるのか−。そんな視点が、企画誕生の発端でした。発案者は、本書の著書・山下祐介首都大学准教授(元弘前大学人文学部准教授、現・非常勤講師)です。

彼は、国内各地の山村・漁村を歩き、自分の目で確かめた事実・人々の言葉に、統計的なデータを組み合わせて、高齢化と過疎が進行する地域の現実を、適切に描こうと努めていました。そして、山村や漁村の未来を切り開こうとしていました。

一方、地方紙は地元読者に寄り添うことを目指し、どんな山奥でも新聞を届けます。でも、そこに住む人たちの視点、生活感覚を紙面に反映させられているか。何よりも、山村・漁村や「限界集落」の現状と将来像をどこまで適切に把握し、課題解決に向けて「言論の場」を設定できているのか。かねてから、個人的にとても心細い思いを抱いていました。

詳しくは、本書を手に取り、そして読み込んでいただきたいのですが、取材を通じて、私には非常に大きな発見がいくつもありました。

「限界集落といっても、西日本と東日本・北日本とでは、様相が大きく異なる。その事実自体を、ほとんどの人が知らない」
「多くの人の努力やつながりが、この瞬間にも、さまざまな暮らしと環境を守っている」
「行政や研究者、記者にはできないことがたくさんある。住民自らの力が最初で最大のカギ」

(当初は共著・出版の構想もありましたが、諸事情から、山下先生執筆部分について、全面的な改稿を経て単著になりました。結果的に、適切な展開だったと振り返っています)

見通しの利かない、少子化・高齢化・人口偏在が進む日本の中で、ローカル・メディア、ローカル・ジャーナリズムはどう生きていけばいいのか。誰とどう手を携えればいいのか。本書には、多くのヒントが記されているはずです。

逆に、このような視点に立つことなく、読者や広告主を「収入源」としてしか捉えられないなら…。行き先はどこでしょう。私たちは、誰にために何をしているのか。本書を手に、あらためて考え込んでいます。(MOT)

※追記 本書では、青森県のほか秋田、新潟、鹿児島、島根、京都、鹿児島など多くの県の集落を扱っています。
posted by MOT at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

レビュー:創4月号+徹底検証:日本の五大新聞

創4月号
「新聞社の徹底研究」ということで、我らが豊委員長ほか4名の対談に加え、大手五紙の直近の経営状況と収益改善への取り組みを紹介している。
新聞という業界として対応策を語れる時期では無くなっているので、個々の企業ごとにプラス点を取り上げており、全国紙の生き残り戦略が比較できて良
い。
また地方紙・ブロック紙は全国紙のミニモデルなので、大局としては大手紙の企業比較が一番わかりやすいと言える。
一方、対談では「ジャーナリズムとは」という点、つまり新聞産業全体としての紙の品質、記事の品質をネタに対談が行われており、
「切り詰めるところはやり尽くしている」「大手紙は夕刊を止めるのは難しい」とのくだりは、市民感覚とのずれも感じるが、 ジャーナリズムとして、報道への姿勢と記者それぞれが強くならねば、など、新聞は結局記事の集まりであり、記者次第という点には強く同意できる。
社ごとの分析と全体論、両方の視点が得られるが、若干物足りなく感じたのは、各新聞社の分析について。各社のIRに忠実に従ったような内容で、「このままの状況では経営が行き詰る社が増える」という雰囲気を醸し出せなかった点。 これだけ見ていると、どの社も当分安泰だ、という印象を受けてしまった。

そこで、厳しい現実を知りたい人は
「徹底検証:日本の五大新聞」
がオススメ。
創同様の五大紙について、新聞の内容と株主構成、資本についてなど、大手新聞社が持つ歪みを検証している。新聞社のダブルスタンダードを取り上げた大塚氏の「新聞の時代錯誤」の最新版、とも言える。

各社の屋台骨を揺るがすような事件やその資産構成など、概ねで流れと現状を押さえられるので、詳細に知りたければ「メディアの支配者」「日経新聞の黒い霧」など詳報を読めばよいが、まとめとして一冊読んでおくだけで十分かも。
昨年自分が研究した株式の譲渡制限やテレビ電波の公共性について、そして資本構成など、うまくポイントをまとめてあると思う。
また、参考文献も豊富に記載されいるので、関係書のポータルとして、手始めに読んでみるのも悪くない。

そして、この本のキモは、後半にある。経営理論の専門家である筆者から見た、「大学も新聞社も、ともに株式会社体制の外にあって、株式会社体制に依存し、それを支えることで機能している」という「新聞社と大学の似かよった構造」には、組織構造と資金の出所、体制批判しつつも体制の管理下に置かれている点で、なるほどと思った。
さらに筆者は「記者クラブ」を通じた”中立性報道”など誤魔化しだ指摘しており、この状況を生き残るためには、新聞記者個人が専門性を持ち、新聞社と個人として契約できる組織を持つと同時に、新聞社本体も、300人程度の専門分野の小規模新聞に分割する、と提案をしている。

やはり最後は個々のジャーナリストに行き着く内容なのだが、新聞社という企業内にこもっていては時代の変化に取り残されるだけだろう。「守るべきもの」を守るため個々人がどう変われるか。外側から新聞を見つめなおすことが必要だろう。
posted by なべ at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

新聞再生―コミュニティからの挑戦

既存メディアの「中の人」が、このタイトルに惹かれて読むと少なからず拍子抜けをしてしまうかもしれません。本書のいう「新聞」は昨今の新聞没落ブームに乗っかった産業論や企業経営論ではなく、非常にプリミティブなジャーナリズム論です。鹿児島新報社、みんなの滋賀新聞、神奈川新聞のカナロコ、などの丹念な取材を通じ、メディア勃興期のような市民とともに歩む小さなメディアの可能性について言及しています。

では具体的にどうすればいいのか、という新聞再生の処方箋は突き詰められてはいませんが、そこに自分の未来は自分で考えてほしいとの新聞社へのエールと温かい視線を感じとれます。論文の抄訳と言うこともあり学究的な表現が目立ちますが、自分の立ち位置を確かめるためにも「中の人」と違った視点を持つことができる作品です。




posted by 猫手企画 at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

SAPIO11/12号「ジャーナリズム大崩壊」

ある知人に言わせると「新聞業界はマゾ」とのこと。
確かに、「新聞没落」(週刊ダイヤモンド2007/9/22号)や「日経新聞を読む人読まない人」(週刊東洋経済2008/4/12号)といった新聞業界の苦境を特集すると、業界の人間が買うため、やたら売れ行きが良いと聞いたことがある。

そんな業界の一員らしく、「ジャーナリズム大崩壊」と表紙にある最新号を、思わず手に取った。
目次を見ていただくとわかるが、日本の新聞業界における現状、問題点をそれぞれの著者が洗い出す、みたいな話。

特集部分の目次を以下に引用する
・とうとう海外大メディアの「東京支局撤退」が始まった/上杉隆
・「早期解散を」の社説の裏でソロバンをはじく新聞・テレビの総選挙ビジネス/武冨薫と本誌政界特技班
・ネットユーザーたちが暴き始めた「客観報道」というまやかし/佐々木悛尚
・新聞業界最大のタブー部数水増しの「押し紙ビジネス」がいよいよ崩壊する/黒薮哲哉
・権力の介入を唯々諾々と受け入れる新聞・テレビはジャーナリズム失格だ/田島泰彦
・矢野絢也(元公明党委員長)を直撃/「創価学会の言論弾圧に沈黙するメディア
・最近、朝日新聞がますますつまらなくなった/本誌編集部
・ネットでネタを探し、誤訳、誤報をタレ流す「エリート特派員」の怠惰な毎日/高濱賛
・ゴルフ、カラオケ、マージャン、果ては「お酌広報」まで 権力と記者゛ズブズブの関係”/松田光世


いろいろ読めて楽しいのだけれど、内容も含め、以前の特集(大新聞の余命:SAPIO2007年11月14日号)の目次と比較すると、新鮮味に欠ける点もある。

有力政治家に呼びかけ「福田首班」を決定した「メディア界のドン」密室談合の真相/歳川隆雄
現役新間記者覆面座談会 死んでも書けないブンヤ稼業の「栄光」と「恥部」
朝日・日経・読売が提携する「ANY連合」の真の狙いは「販売網再編」にあり/佐々木悛尚
信頼度丿調査で日経、読売に抜かれ3位に!”盟主”朝日新聞の「劣化」が止まらない/塩澤久宏
年間200億円!?創価学会マネーにたかる新聞に公明党批判ができるのか/寺澤有
「世界一の発行部数」で販売・広告の巨利を得る「押し紙ビジネス」の終焉/黒薮哲哉
泡沫候補にまで「広告費」1000万円が血税から!大新聞の本音は「選挙ほど美味しい商売はないレ」武冨薫
共同取材、共同印刷、共同販売によるコストダウンでも避けられない「新聞業界大再編」の衝撃/河内孝
「アメリカに記者クラブがあったらブッシュは大喜びするだろう」/マイケル・ホイット



とはいえ一方で、新聞社というビジネスモデルが追い詰められている割に変化しない、というのも事実。
世界の進化に負けないように、読者と「知る権利のために」。
新聞界が一つ一つ進歩していけるといいのだけれど。

まだ社長への道は遠いけど(笑。
タグ:
posted by なべ at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

進化するネット広告のすべて

もしあなたが新聞社の広告関係の仕事をしていて、ネット担当になったら。
そんなときは、手にとっても良い本。


前述の
「次世代マーケティングプラットフォーム」
が多少ネット広告について知っている人間に対し、広告の最近のトレンド(主にアメリカの、だが)を紹介しているのに対して、こちらは
「アフィリエイトって何ですか?」
「Flashって何ですか?」
など、ネット担当からすると「それくらい勉強してから来い」
という質問にも答えてくれる本。
もしデジタル系に異動するときには、常識として読んでおくことをお勧めします。

とはいえ、いかんせん実例が足りないので、単語の概要と、基礎知識を持たない人向けの入門書と言える。
出てくる企業も、googleとかyahooばっかりで、最新の情報はほとんど掲載されていない。


すぐ読み終わったけど、一つだけ愚痴。
「SecondLifeで注目度が急上昇のメタバース広告」って、
本気で書いているのかなぁ?

secondLifeも英語版から始めたし、スプリュームも登録はしているが、
はっきり言ってWEB上にスラムを構築しただけ。
投資した多くの企業も、ほとんど赤字だと思うが(まあ、わかっていたので早々に止めたけど)。

操作性が複雑
キャラがかわいくない
ハードの要求スペックが高い
などなど、問題点はいくらでもあるが。

根本的に、
「お金の無い層」に向けて広告を打つのは無駄、というのが分かってなかったのだろう。ま、新し物好きのメディアが「***がセカンドライフ上に店舗を・・・」みたいな感じで広告してくれたので、それで元は取れているのかな。

今後は、閉鎖していく店舗ばかりだと思うけど。
よほどmixiやモバゲーに投資したほうが効果はあったはず。
タグ:資料 広告
posted by なべ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次世代マーケティングプラットフォーム

大仰なタイトルだけど、
・WEB広告
の最近のトレンドを紹介した本。

著者が米国を訪れた際のインタビューなどが中心になっているので、
約半年前の、米国の情報が中心となっている。

新聞広告については、adマーケットプレイスなどの一媒体として取り上げられる程度で、ほとんど著述は無い。

しかし、常識として
・行動ターゲティング広告
・CRM
・デジタルサイネージ
あたりについては知っておくべき。

欧米訪問時の衝撃が大きかったのは分かるが、メディアとして日本の携帯事情が世界と異なる点、そして大きな収益源としての最新トレンドを入れておくべきだろう。

【削除部分あり】訂正とお詫びはこちら
posted by なべ at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

「記者になりたい!」という新聞社へのエール

「記者になりたい!」というタイトルの通り、
今どき(?)これでもかというほどまっすぐな内容です。
「週刊こどもニュース」でおなじみの
元NHK記者(アナウンサーではない:本人注)池上彰氏が、
ジャーナリストを目指す人のための指南書。
NHKに入局してからこれまでの記者生活、
そして記者というものがいかに魅力的なものなのかを、
よくある元編集局員の武勇伝や自慢話でなく、
あくまでも“分かりやすく”顧みています。

それにしてもこの人は新聞が好きです。
当初新聞記者を目指していたのが、
あさま山荘事件で映像の力を目の当たりにしてNHKに入局。
でもドラマ「事件記者」に憧れていた元の気持ちは変わらず、
この本の端々にも新聞記者やが登場します。
本当は紙で勝負したかったのかなあ。
表紙のイラストの記者もスチール持ってるし。

今新聞社出身の人間からこのような入門書が出るでしょうか。
最近は新聞離れと呼応するように少なくなった気がします。
それゆえに本書は新聞記者(社)への激励、エールにも取れます。
「記者っておもしろいと堂々と言おうよ」
「新聞がジャーナリズムを語らんでどうする」と。
posted by なかじぃ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが本当のマスコミだ

閑話休題。だけどマスコミ就職ネタ。

テレビ・広告・雑誌社・新聞社。

企業イメージやブランドは確立されているマスコミ業界だが、仕事の実態はあまり知られていない。
主に社内従業員への取材を中心に、実際の「LIFE」「WORK」「MONEY」をぶっちゃけて書いている。
確か、MyNewsJapanに記載されていた同じ企画を出版用に詳細にしたもの。

発行が2005年なのだが、その後大きく変わってはいないはず。

他の企業は知らないけれど、少なくともウチの新聞社については、かなり正確。
仕事の実情と出世コースといわれている部署、働き甲斐。
就職するときには最重要項目といえる、実際の給料。
特にマスコミ業界は、残業手当や各種手当てなど、表に出ない給料が半分近くを占めていることもあり、「ぶっちゃけて」書いてある本書を読むのは、非常に役に立つと思う。

仕事も、最初数年は地方の総局回りという(我々には)基本的なことも、学生からしてみたら「聞いてません」と3年で辞める理由になるわけで、実情を知っているだけでも、ミスマッチが減るのでは、という利点がある。

また学生だけではなく、すっかりマスコミ色に染まった我々も、転職のときの比較として、一読しておいても損は無いと思う。

気になっているみなさま。
これによると、新聞社での総合ランクでは
朝日3.3(普通の企業)
毎日2.9(不良企業予備軍)
産経2.8(不良企業予備軍)
読売2.5(不良企業)
日経1.8(労働不適格企業)
とのこと。詳細は本書を。
タグ:新聞 資料
posted by なべ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「Journalism」衝撃の価格

朝日新聞のメディア研究誌「AIR21」が全面刷新され、
「Journalism」としてデビュー。

内容はAIR21とあまり変わらず、主にジャーナリズムを柱として、
新聞業界のレポートを掲載している。

衝撃なのは、その価格。
通常購読だと月700円なのだが、
こちらfujisan.jpによると、電子版は
年間購読で1200円。
単純に月100円の計算である。

これにはびっくり。しかも初月お試しできるので、とりあえず読んでみた。
内容はジャーナリズム論中心だが、
特集で組まれている「個人情報保護法とジャーナリズム」は新聞社としてメディアスクラムを考える上で避けれないテーマだし、
買収・対立で大きく揺れているフランスの新聞業界など、
気になっている内容もまとまっていて助かる。

これで100円なら正直「安い」という感想。

だがそれよりも、
これまで一般にはほとんど知られていなかった「AIR21」という業界紙を、
格安とはいえ一般に販売できるルートを確立したのには、素直に評価したい。
タグ:新聞 資料
posted by なべ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ブックレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする